鳥取の夜

前回、訪れた立岩でしっこ漏らしそう(嬉ション)になった。

そしてそのまま日本を南下します。

車を走らせること4時間半。

着きました。

鳥取県です。

道の駅伊根の舟屋の駐車場で

今日はどこまで行こうか?

今日はどこで寝ようか?

などと自分会議をした結果・・・

温泉入りたい!!

となりまして、検索バーに

[山陰 温泉]

とグーグル先生に聞いてみたわけです。

そしたら山陰って温泉大国と言うことがわかり

その中でも鳥取は県庁所在地に温泉がある珍しい県である。

と言うことがわかりまして、そりゃあ行かなあかんってことで今日の終着地が鳥取に決まりました。

基本的にこんな感じで旅っております。

はい!

ってことで、

着きました鳥取駅。

そして温泉に入り

ぐああああああああはああああああああああああああおおおお

と、運転でガッチガチになった体をほぐしました。

ここまで見てくれた人はわかるよね?

簡単な話が筆者(しもさん)は温泉が好きなんだよ。

温泉の後は街に繰り出してみました。

突然ですが旅をするにあたって一人旅ルールと言うものを設けている。

いくつかあるその中の

・コンビニ(全国チェーン店など)は利用しない。

・腹が減ったらそこの地元の人に聞き、不味かろうが、値段が高かろうがそこへ行く。

と言いものがある。

そのルールに則ってたまたまゴミ出しをしているコンビニの店員さんがいたので聞いてみることにした。

「地元の人がやってるおすすめの飲み屋さんある?」

ってことで

はい!ここ!

行きますよー。

席につくや否や・・・

生ビールください。

からのー

いただきます!

ならぬ

いってきます!!!

・・・・・ぎゅうわああわああああああわわわっわあああああああああああ!!!!

ぅんめえええええええええええええええええ!!!!!!!

真綿が水を吸い込むように体がビールを吸収する。

ダイソおおおおおおおおおおンッ!!(意味はない)

店員さんに

「鳥取ならではの地元のもの何かありますか?」

と言うと出てきたのがこれ↓↓

メスガニ。

はい、メスガニ!

と言われて出されたので料理名はわかりませぬ。

カニのたまごとカニミソが美味えのなんの。

この時点でビール3杯いってます。

次に出てきたのが

刺身の盛り合わせ。

正直、富山出身の俺からしてみたら他県の刺身なんて・・・・

うめええええええ。

ハイボールとレモンサワー1杯ずつやっつけました。

この辺から記憶が曖昧なんですけどちゃんと写真を撮ってるブロガーの鏡。

料理名は失念。

ドテ串やったかな?

あまじょっぱいだしでほろっほろに煮込んである豚クシ。

それを肴に

日置桜

と言うJapanese Sake をグイッと。

ちなみにこの日置桜、美味しんぼでもとり上げられたとか。

うまかったっす。

そんで最後の締めはこれにしよ。

って思ってたけど既に酔っぱっぴー状態のため食べませんでした。

このへん真面目に記憶が曖昧です。

お会計を済ませ外の出る。

こんな写真撮った覚えがない・・・・どころか

どれだけ酔ってるか如実にアラワシテマスネ。

そして千鳥足で宿に帰ったのでした。

本日の宿

鳥取を終着地にしたと冒頭で言いました。

そんで温泉入って車中泊しようかと思ったんですけど

グーグル先生の検索結果をねっとり(ネットだけに)見ていると

【鳥取温泉 観水庭こぜにや】

と言うところが目に留まりました。

ここの宿をとったのですが

結論を言うと

ここは本当良かったです。

食べ物、温泉、立地など全てにおいて素晴らしかったのですがその中でも

特にサービスがとても素晴らしかったです。

気遣いやおもてなしが行き届きすぎてあたたかな気持ちになりました。

もし鳥取に行くことがあったらまた絶対泊まりたいと思います。

おすすめです。

フォローする